忍者ブログ
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
不動産情報
ブログ内検索
最新コメント
(06/22)
(06/20)
(06/20)
(06/16)
(06/11)
最新トラックバック
アクセス解析
カウンター
忍者アド
[478] [477] [476] [475] [474] [473] [472] [471] [470] [469] [468]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今話題の「アリス・イン・ワンダーランド」を見てきました。

3-Dと聞いて、ジョーズ(懐かしい!)で使われた赤青セロハンの眼鏡を思い出しましたが、
映画館にいざ入ると、渡されたのはちょっとゴツい普通の眼鏡。

ところが、これがくっきり画像が浮かび上がるから驚き!
本編前のCMまで3-Dになっていましたよ。

字幕バージョンを見たのですが、字幕が浮いて見えるので、
文字の色と背景が近くても見やすかったです。
ちょっとしたシーンでも遠近感がくっきりで、舞台を見ているような印象でした。

まだ見てないけど見る予定の人も多いと思うので、ストーリーは言いませんが、
ジョニー・デップはさすがに目立ちますが、きちんと脇役を演じていましたよ。

私が一番気になってしまったのが、アン・ハサウェイ演じる白の女王。
暴虐な赤の女王と対比する役なので、まともな人かと思いきや。。。十分変な人でした。

写真右

ほとんどのシーンでひじから上をあげていて、優雅さをあらわすように無駄に回転したり、
急ぎながらも大またにならない小走りだったり。。。
どうもこのキャラクターがツボにはまって、最初の登場から、白の女王が出るたびに
ニヤニヤ(・∀・)してしまいました。

監督がティム・バートンなだけあって、ちょっと気持ち悪いシーンもありましたが、
映像もストーリーもテンポよくて楽しい映画でした!
3-D映画、一度体験をおすすめします!  (∀)

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]